teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:Nobady Knows  投稿日:2015年 8月 2日(日)23時19分13秒
返信・引用 編集済
  【 使用者名 】 / 西風 惠 - Megumi Narai


【 対外内容 】

彼女の姿で最も特徴的なのは、髪だろうか、身体付きだろうか、瞳だろうか、服装だろうか。
彼女の身体的な情報は膨大と言う訳ではないが常人と比較すれば異様に多いのが特徴だ。

まず艶の乗った腰までの豊かな長髪だが、すっと真直ぐ通り重苦しく見えず、寧ろ軽やかだ。
その身体は女性にしては背が高く160㎝と少しあるが、出る所が出ていてラインが整っている。
そして瞳は白肌や黒髪の様なモノクロではなく、紅の色をした。血に染まった様な瞳であった。

服装は豊かな身体つきを強調する訳でも無く、年齢を象徴する黒いカーディガンの学校制服
但し首元は緩めており、スカートも少し折られていて、着崩すほどではないが緩く着ている。
また赤縁の眼鏡を掛けており、癖の様に口笛を吹いていることが多い。曲はその時々による。


【 対内内容 】


【 体  質 】> 月を観る人 然し 現代では狂人の如く

彼女は所謂幽霊が見える。ただし本質は悍ましい、世界を規定する底面の片鱗を覗く力だ。
その本質は、世界を規定する設定を幻覚として、確定した未来を直感的に、認知すると言う物。

例えば吸血鬼は、如何に姿を人に近づけようとも背中に羽や、口許に牙が垣間見えてしまい
炎を扱う異能者は、その肉体を焼け焦がす様な火を纏う様に、彼女は認識することが出来る。
場合によっては、認知不可の非物理的な異能であっても、エフェクトとして知覚してしまう。
また確定した未来とは、主に今後の変化であり、火球が通る弾道を赤線として、視認したり
或いは其の先、相手が口走る台詞を何となく耳にしてしまうなど、非常に曖昧である。

ただしあくまでそれらは幻覚に過ぎず、触れることも出来なければ設定を象徴化しただけであり
それに何らかの干渉が出来る訳ではない。不完全な予知と観測の能力とも言い換えられる。
ただ月が出ている日は注意する必要がある。何故ならば此の力が酷く強まってしまうからだ。
強まった際には、象徴化したものに触れ、剰え物理的な干渉を加えられるようになるそうだ。


【 魔  法 】> 妖を阻む者 或は 拒み、否定するのみ

彼女は異形が見えた。だから異形に狙われてしまった。だからこそ、生きるために力を得た。
専らその力は、物理的な結界として用いられる。だがその本質は一線を引くと言う力であった。

その本質の効果は言葉通り一線を引き、その内側と外側で隔絶させてしまうと言う物である。
同質のものを上書きする形で線引きされた物は、そこで断絶してしまう他、固定されてしまう。
これは概念などにも有効であり、自他で引くことで疑似拒絶の効果を引き起こす場合もある。
但し使用する場合、外側と内側を明確にして固定する必要が有り、意識的にしか使えない。

専ら結界として用いられるのは魔法を具象化するに当たり最も性質として合致していた為で、
張られる結界の形状及び場所は彼女の意志に決定され、必ずしも空間に固定される訳ではない。
本質の具象化であるため、効果は因果律の閉じた物理的障壁の役割を平面上に持ち合わせ、
断面、あるいは側面と称される部分は一線の延長線上として断絶ないし切断の効果を持つ。

【 ―――― 】
 
 

レンタル掲示板
/2