teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


DRA-CAD小わざ集(続)

 投稿者:くまたろ  投稿日:2015年12月 5日(土)13時09分3秒
返信・引用
  ひげたろうさん、すっかりご無沙汰しております。

当方小わざ集ですが、2年半前に一旦閉鎖しました。少し前、ぷろさんのサイトにアクセス出来ないのを知りまして、情報交換の場がまた一つ無くなる(?)のはユーザーの一人として残念なので、DRA-CAD小わざ集(続)としてブログを始めました。(始めたというか、以前に始めたブログの再利用ですが)

使っているDRA-CADのバージョンが9で止まっているので新しい機能について書けませんが、以前書けていなかったことを書こうかなと思います。また覗いてみてください。

以前の小わざ集のリンクを張っていただいてますので、お手数ですが更新していただければと思います。よろしくお願いします。

ぼてじゃこさん、遅くなりましたが、お悔やみ申し上げます。

それでは、また。

http://ameblo.jp/moon0219/entry-12089377718.html

 
 

Re: ご無沙汰しておりました

 投稿者:ひげたろう  投稿日:2015年 7月 7日(火)10時05分15秒
返信・引用
  ぼてじゃこさんへのお返事です。

奥様のご冥福を、お祈りいたします。
月日のたつのは早いもので、こちらもずいぶんと老けております。
久しぶりに、ぷろさんのところを覗いたら閲覧できず、
ぼてじゃこさんのブログを覗いても、情報は得られず、
もしやと思い、ここを覗いてみました。
自分の掲示板なのに、管理もしておらず、閲覧された方には、本当に申し訳ないと思っております。

DRA-CADユーザーのコミュニティーについては、ほんとうにさみしい限りです。
バリバリ使っていたユーザーが、定年を迎えてきているのではないでしょうか?
右を見ても、左を見ても、AUTOばかりですもんね。
このままでは、DRAはフェードアウトしてしまうのではと、一抹の不安さえ感じます。
純日本製の素晴らしいソフトも、時代の流れに、逆らうのは難しいのかもしれませんね。
 

ご無沙汰しておりました

 投稿者:ぼてじゃこ  投稿日:2015年 6月 5日(金)09時45分34秒
返信・引用
  この数年、妻の闘病生活を支えることに夢中で、随分とご無沙汰をしておりました。先月初めに、治療の甲斐なく妻は旅立ちました。

時折覗いておりました、ぷろさんのところがここ数日の間に、閲覧することが出来ず、何か情報はないかと思い、立ち寄ったしだいです。

くまたろさんちも閲覧できなくなるようですし、DRA-CADユーザーのコミュニティーが年を追うごとに寂しくなってきていますね。
 

おもちゃAR_CAD

 投稿者:Yama  投稿日:2014年 9月25日(木)11時09分48秒
返信・引用
  AR_CADは仕事ではまったく使い物にならない!!
お遊びなら面白いかもしれませんが・・・・
なんといってもパーツ登録の扱い、画面移動の方法等一番大事な処が
何故かめちゃくちゃでせっかく頑張って開発したのにもったいないですねー
 

描画スピードについて

 投稿者:n  投稿日:2013年 1月13日(日)14時04分6秒
返信・引用
  容量の多いデータを開いたときにスクロール等の画面切換えではDRACADのではかなりのストレスになりますが,AUTO-CADではそれが無いことは私も同感ですし疑問に思ってましたが,
代りにAUTO-CADでは図面縮尺や記入縮尺が無く1/1で作図するのが基本の様ですが,これが
スピードの差になっているのでは?
 

DRA-CAD11LEの感想

 投稿者:ガンバ  投稿日:2012年12月18日(火)22時39分10秒
返信・引用 編集済
  待望のDRA-CAD11LEがきたので、さっそくインストールしました。
待望というのは、今回、かなり描画スピードが上がるふれこみだったからです。
AUTO-CADで作図した、1FILEにすべての平面図が入っている巨大物件のデータをもらうと、今までかなり重く、パーツをコピーするだけでもストレスを感じていたからです。
しかし、期待は裏切られたみたいです。
体感的には、DRACAD10と差を感じるまでいかないです。
むしろ、Directxを使うと、画質が落ちるので、いつもより大きく拡大しないといけません。
結局、今までの描画方式と同じGDIで使っています。
期待していただけに、やっぱりAUTOCADの描画スピードには追いつけないのか・・って感じです。
 

Re: (無題)

 投稿者:TORII  投稿日:2012年10月 4日(木)07時56分49秒
返信・引用
  ガンバさんへのお返事です。

ガンバさん、ご丁寧にありがとうございます。
まず初めに返信が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。
すみませんでした。

ご回答いただいた件、なるほどと納得しながら読ませていただきました。
DRACADのユーザーがいくら減少してきたとはいえ、それでもある一定数はおられるとすれば、そうそうにはサポート終了となることは考えにくいですよね。
その前提で今後の方針を考えたいと思います。

また、オプション・コマンド作成委託の件もおっしゃるとおり、建築ピボットさんに相談してみようと思います。
実はこちらに質問する前に、建築ピボットのオプション開発室宛にメールで質問したのですが、そちらはすでに閉鎖されており少々不安になっていました。
その後、一般窓口にて回答いただいけましたので不安は払拭できたはずなのですが、それでもなお「ホントに大丈夫か?」との思いは拭いきれませんでした。

まあ、そんなことを気にしていても仕方がありませんので、「当面は大丈夫だろう!」の前提でがんばってみます。
アドバイスありがとうございました。
おかげさまでスッキリしました。今後もよろしくお願いいたします。
 

Re: (無題)

 投稿者:ガンバ  投稿日:2012年10月 2日(火)07時36分35秒
返信・引用 編集済
  > No.221[元記事へ]

TORIIさんへのお返事です。

床デッキメーカーのデッキ割付図ということであれば、ゼネコンや設計事務所から
「AUTOCADでないと発注しません」という締め付けはないかと思われます。
DRACADユーザーは、減少傾向ですが、建築ピボットは、現在、社員20名で来年4月の新卒入社募集を
しています。
turbo cad(キャノン)とかM-Draf(武藤工業)よりは有名です 。
シェアが2%程度でユーザーは肩身が狭い思いですが、ピボットとしては、会社規模にあったユーザー数で、
堅実経営している成功例ともいえます。
そう考えれば、DRACADがなくなる事は当分考えにくいので、
DRACAD用のオプション・コマンドを作成するのは”あり”ではないでしょうか?
(DRACAD予報で、戦略が失敗と書きましたが、ユーザーにとって、肩身が狭い=仕事がしにくい状況は、
失敗といえますが、ピボットの経営戦略としては、今の所、成功。ただし、20年後は?です。)

オプション・コマンド作成を外部委託するとして、受けてもらえる依頼先があるか?という質問ですが、
昔ならともかく、今ではDRACADスクールを探す事すら困難な状況ですので、最寄りでというのは、
無理かと思います。
頼れるのは、建築ピボットだけでは?
無責任なようですが、健闘を祈ります。
 

(無題)

 投稿者:TORII  投稿日:2012年10月 1日(月)10時52分20秒
返信・引用
  ガンバさん、こんにちは。
いろいろと有益な情報を上げていただき感謝します。
構造システムグループにお勤めだった経験がおありとのことで、宜しければ相談に乗っていただきたいのですが...

私、現在は図面屋としてある中小メーカーの専属図面担当者として図面を作成しています。
もう少し言ってしまえば、床デッキメーカーのデッキ割付図を作っているのですが、自動化できないままドラフター代わりにDRACADを使用しています。
ですが、やはり一部だけでも作図の自動化をしたいことと、さらに図面にある程度の属性を与えて数量の拾い出しを簡便にしたい思いがあり、DRACAD上でのオプション・コマンドの作成を検討しています。

10年以上前、DRACAD-ALPHAのときに自動化のコマンドを自作し、使用していたこともあったのですが、現在はDRACAD-ALPHAが動作する環境もなく、また、移植作業もできないまま現在に至ります。
今のDRACADのオプション・コマンドを自作すればよいのですが、時間的にも能力的にも極めて困難な状況で、少々費用がかかっても外部委託したいと思っています。

そこでご相談なのですが、

1.今のこの状況で、あえて費用をかけてまでDRACAD用のオプション・コマンドを作成するのは”あり”か”なし”か?
2.オプション・コマンド作成を外部委託するとして、受けてもらえる依頼先があるか?またその費用はいくらくらいか?

で悩んでおります。
お忙しいところ恐縮ではありますが、宜しければ何かアドバイスいただけますと助かります。
 

DRACAD予報

 投稿者:ガンバ  投稿日:2012年10月 1日(月)10時32分56秒
返信・引用 編集済
  18年くらい前かな、私がまだ構造システムグループに勤めていた頃、
開発担当者と雑談していた内容がフーっと浮かんできました。
当時はWindous3.1で、構造システムはDRACADwinを発売中。
JWCADは、Windous版が出たばかりで、コマンドを動かそうとすると、「開発中」の文字・・・。
AUTOCADは、ガウディをオプションで付けないと使い物にならず、価格は140万円位だったか?
そんな中、「JWは公務員の趣味で、そのうち行き詰るだろうし、AUTOは高いばかりで使い物に
ならない。これからは、どう考えてもDRACADの時代だね!」と私が言ったところ、
「JWは、よくわからないが、AUTOは、CADを使う人が増えれば価格も安くなるだろうし、
機能についてもわざと付けない戦略だからね。」と開発者。
わざと付けない戦略とは、AUTOは、10年以上先までバージョンUPの計画がされていて、
やる気になれば、今すぐにでもDRACAD以上の物を出せるが、それをするとバージョンUPでき
なくなってしまうので、小出しにしている。
DRACADの戦略としては、「道具は手になじんでしまえば中々手放せない物だから、
AUTOが完全体になる前にシェアを獲得しないと・・・。その為には、操作性をよくしないと・・・。
あと10年で勝負が決まる。」との事だった。
今はまだ、DRACADの方が操作性は上だと思うが、総合評価をすると、DRAびいきの私でも、
どちらが優れているか?答づらくなってきた。
あれからかなりの月日がたった。
Autodesk社も今は3Dに力を入れていて、近い将来、2Dは成熟するだろう。
それでも、DRACADには、がんばってほしい。
「いいものを作れば売れる」という幻想めいた戦略で、失敗しただけだから。
まだ、起死回生の一発がないわけでは、ないんだから・・・。打つ手は、ある。
 

レンタル掲示板
/19